青年会議所は、40歳までの青年経済人が明るい豊かな社会を築くために集う、まちづくり・人づくり・地域づくりの団体です。

基本資料

  1. ホーム
  2. 基本資料
  3. 委員会運営方針
  4. 推進室

委員会運営方針

推進室

専務理事 新谷 逸生

 旭川青年会議所が68年という永年に渡る歴史を紡いできた過程には、「明るい豊かな社会」の創造へ向け運動を展開・継承されてきた先人達の姿があります。我々は、先人への感謝・敬意を胸に抱き、同時に先人に負けない前向きに挑戦する気概を持ち、現在という時代の要請に柔軟に対応することで、常に地域から必要とされる組織であり続けなければなりません。推進室では、こうした歴史への感謝と未来への責任をしっかりと認識し、一致団結して組織運動を更に力強く前進させるべく、組織運営の強化・円滑化に努めて参ります。

 LOM運営の要となる総務・財務においては、メンバーからの負託と信頼に応え、関係法令や規則を遵守し、秩序ある組織運営を実践します。各委員会及び会議体が例会や事業を実施するにあたり、メンバーがより組織運動に参画しやすい環境の整備に努めて参ります。財政面においては、公益性と透明性を担保するために的確かつ迅速な財務処理が重要であり、予算編成と決算処理を円滑に執行するための支援を行って参ります。総てをまとめ務めるべく、組織のガバナンス強化と組織運動の円滑な推進のため職責を全うして参ります。

 我々が真に魅力溢れる地域の創造に向け運動を展開する際、対外的な理解と共感を生み出し伝播していく事が必要不可欠だと考えます。各委員会が個別に関わりを持つ対外の情報について有機的な連携をもって集約に努め、迅速かつ正確で分かりやすい情報発信手段を常に模索し、旭川青年会議所の価値をより高めるための広報活動を展開して参ります。青年会議所は、全世界、全国、全道に多くの同志がおり、幅広く運動を展開しています。日本青年会議所や北海道地区協議会へのコミットは、道北エリアのリーディングLOMたる旭川青年会議所の責務であり、その参加推進のために、事業の趣旨や魅力が伝わる効果的な情報発信に努め、迅速かつ堅実な渉外活動を実施します。

 皆が同じ大きな夢を描き、共に歩むこと。組織や地域の活性化にとって最も重要な事だと考えます。本年は、我々が近い未来に描く「暁」に向かって一致団結し、志を同じうする仲間と共に今しかできない運動を加速させていきます。その歩みの中で、修練・奉仕・友情をしっかりと肌で感じながら、愛すべき故郷あさひかわの輝かしい未来のため邁進します。


広報渉外委員会

委員長 上田 積

 旭川青年会議所は「明るい豊かな社会」という目的達成の為、これまで68年という歴史の中、地域の様々な困難を乗り越え前進してきました。我々もまた、先輩方の偉業に習い、時代と共に変化する課題に立ち向かい続けることで「明るい豊かな社会」を目指していきます。

 当委員会の担いである広報においては、正確な情報の提供を迅速確実に行うことを念頭に置いた委員会運営をしていきます。時代に即したWEBやSNSなどのインターネットを積極的に利用し、各種例会や事業の趣旨・目的を広報することで、旭川青年会議所の地域にかける想いを伝播していきます。そして、対外に向けて我々の運動を広く発信し、理解や協力をいただけるよう広報することで、旭川青年会議所の存在意義が高まるよう努めていきます。

 渉外においては、外部との折衝だけではなく、LOMメンバーに日本や地区事業の情報を発信していきます。当委員会が率先して日本や地区の事業に参画し、そこで感じる魅力やスケールなど、肌で感じたことを伝えることが、LOMメンバーの事業参加促進の第一歩に繋がると考えます。

 本年は2017年度定時総会において全会一致で第69回北海道地区大会主管立候補が決定している年です。旭川青年会議所が最後に地区大会を主管してから約30年。幾多の困難を乗り越えてきた今こそ、全メンバーが地区大会主管という大きな夢に向かって一致団結する時だと考え、全力でLOMのサポートをしていきます。

 当委員会は、人と人、地域と人の繋がりが「明るい豊かな社会」の創造の一助となると考え、広報・渉外を通じてまちづくり運動の更なる基盤の強化を図り「暁」に向けて邁進いたします。

会員拡大について

 旭川青年会議所運動を多くの仲間と共に展開することで明るい豊かな社会の実現が可能となります。その為には同じ想いを持った仲間が必要であり、明るい未来を次の世代に伝える為に、担当委員会と連携し情報共有をしっかりと行い、3名の新会員獲得を目指します。


総務委員会

委員長 渡部 康晴

 様々な時代の変革とともにあった旭川青年会議所も68年目を迎えます。「明るい豊かな社会」の創造に向け日々邁進している我々が当たり前のように運動できているのは、旭川青年会議所の先輩方が築き上げてきた礎があるからです。我々にはこの68年間の歴史の中、承継されてきたことを絶やすことなく「未来」へ紡ぐ責任があります。そのためにも今こそ原点に立ち返り、一致団結して組織運営の強化を図らなければなりません。LOM運営の要として、メンバーひとりひとりが、組織運動に参画しやすい環境を整備することで、組織強化を図っていきます。

 初心に戻り、基礎をより強固なものにします。総務委員会として、関係法規や規則の遵守を徹底します。理事会の円滑な会議運営・事前準備はもちろん、各委員会の議案チェック等を怠らず、的確なサポートを実践します。そのためにも各委員会とのコミュニケーションを大切にし、信頼される委員会運営をしていきます。また基礎を固める中で新しいことにもチャレンジし、総務としての負担が軽減できるような新たな仕組みを構築できるよう努めていきます。

 財務の面では、公益性と透明性を担保するために的確かつ迅速な財務処理をおこないます。また、例会時等の受付はもちろんですが、予算編成や決算処理を円滑に執行するための支援を行い、烈夏七夕まつりでは会計担当としての役割を理解し、正確な実務を遂行します。

 総務委員会として、基本に忠実な委員会運営をしていくことは絶対ではありますが、時代の流れにつれ取り巻く環境は変化しています。その中で基本だけにとらわれず、様々なことにチャレンジする委員会運営をしていきます。「明るい豊かな社会」の創造、そして近い未来へ総務委員会は各委員会と一致団結して「暁」に向かって邁進します。

会員拡大について

 これからの旭川青年会議所の運営にあたり、会員拡大は最も重要な責務です。年々減少傾向にある会員数に歯止めをかけ、同じ志を持った仲間を増やすことで明るい豊かな社会の創造へ邁進できるよう、魅力溢れる青年会議所運動を行うとともに、3名の新会員獲得を目指します。

お問い合わせは

  • TEL 0166-22-9815(平日9時から17時まで)
  • TEL 0166-26-3235
  • メールフォームはこちら
一般社団法人旭川青年会議所
〒070-0043 旭川市常盤通1丁目
道北経済センタービル5階
  • 心あるまちづくり推進キャンペーン
  • 理事長所信