青年会議所は、40歳までの青年経済人が明るい豊かな社会を築くために集う、まちづくり・人づくり・地域づくりの団体です。

基本資料

  1. ホーム
  2. 基本資料
  3. 委員会運営方針
  4. まちづくり室

委員会運営方針

まちづくり室

副理事長 髙橋 宏典

 戦後間もない時代から青年会議所の普遍的な行動指針である「明るい豊かな社会の実現」は理想とする根源です。いつの時代も解決すべき社会問題は数多く存在し、先人達は時代に促した解決方法で取り組んで来ました。まちづくり室では、緊急で重要な問題と、緊急ではないが重要な問題が交錯する中、今後の旭川の発展に向けて今何に注力すべきかをみんなで話し、市民の声から本当の価値向上を目指し地域に根付いた運動を行います。

 政治経済委員会では、人口流出・少子高齢化・市場の縮小・労働力不足といった人口減少からなる社会問題を地域全体の問題としてどう受け入れていくかを話し合い、今後の旭川の発展に向けた運動を行います。地方創生の名の下、激化する地域間競争での「戦い方」にも目を向け、地域資源を活かした外貨の獲得が市民に還元されるまちづくりを目指し、持久力のある地域の活性化を目標とします。減りゆく人口の中で活動的な交流人口を増やし、地域コミュニティなどに関わる人の平均熱量を上げることこそ社会問題を受け入れる楔となりえます。

 創生委員会では、未来の人と未来の地域の環境に対して社会的な責任を自覚し、日本の古き良き文化や五感が導く豊かな心にも着目しながら、今後の旭川の発展に向けて運動を行います。未来の人は未来の地域を創る人であり、若者が活き活きと暮らせる社会は豊かな大人達が暮らすまちであると言えます。豊かさの探求をする上で、四季や文化に触れ五感を通して人に感動や喜びを与えてくれる資源が多くある旭川にとって、未来の旭川は明るいと言えるでしょう。また、行政機関や他団体がアプローチできない分野に対して取り組む事が出来るのも創生委員会の役割と言えます。

 「まちづくり」とは、とても幅が広く奥が深い禅問答のようなテーマであり、一見繋がりが無いように見える事でも、複雑に影響し合う事が数多くあります。まちづくり室は、旭川青年会議所が69年を迎える年に、理事長所信の「砕き刻む楔」と「繋ぎ強固なものにする楔」を持ち合わせ、まちづくりの探求に邁進して行きます。


旭川創生委員会

委員長 筒井 和騎

 旭川青年会議所は日々変化する社会状況の中、いかなる時も「明るい豊かな社会」を目指し活動を続けてきました。「明るい豊かな社会」の実現は永遠のテーマであり、我々もまた青年経済人としての自覚を持ち、継続して取り組んでいかなければなりません。

 旭川創生委員会は未来を担う人材の育成というテーマから青少年を対象にした事業を展開してきました。本年においては青少年という世代を限定した枠組みのみに関わらず全ての人を対象に「豊かな心」をもらたす分野へ目を向けて参ります。豊かさの探求をする上で、旭川には四季や文化に触れ五感を通して人に感動や喜びを与えてくれる財産が多く存在します。旭川に在る文化を紐解いてみると、文学・芸術・スポーツ・音楽・ファッション・食など多岐に渡ります。しかし、文化を活かしたまちづくりは、便利・快適・安全などの観点から優先順位が低く、行政や他団体には扱われにくい分野とも言えます。

 「豊かな心」を育む上で欠かすことが出来ないのは、『人と人との関わり合い』だと考えます。文化を通じての交流は、年齢や社会的立場を越えて友情・共感・信頼を生むことが可能であり、未来へ歩みを進める為のアイデアや経験、郷土愛を深めるきっかけなど人生を豊かにする素晴らしい要素に富んでいます。当委員会は旭川に在る文化の調査・研究を行い、それを活用した市民間の交流を深める機会を提供します。また、まちづくり・ひとづくり団体を支援する「旭川ナナカマド基金」を通じて、市民の生活・文化の更なる向上も目指していきます。

 大人達の背中は若者達の価値観や方向性に影響を与えます。未来の旭川を背負う現代の若者達が明日への希望を抱き、日々の生活に豊かさを見出す為には、大人達が豊かに暮らすまちでなければなりません。より多くの市民が郷土愛を持ち、心の豊かさを感じられる、笑顔の溢れるまち・あさひかわを目指し邁進します。

会員拡大について

 旭川青年会議所だからこそ実現できることは多々あり、その過程はあらゆる感性を育てる一助となります。より広い視野を持つ青年経済人の仲間をひとりでも多く増やすことが旭川の発展に繋がると考え、当委員会では新会員3名の獲得を目指します。


政治経済委員会

委員長 山田 知央

 労働人口大減少時代に突入し、どの業界においても日常業務に追われ、いつしか夢を語り合う機会が損なわれていると感じます。目の前の壁に執着するのではなく、大きな「夢」を描きそれを達成する為に仲間たちと協力し合い、弛まぬ努力を続けることが「夢ビジョン2010」の本質であると考えます。当委員会の冠は政治と経済です。政治と経済が一丸となり地域資源を活用した外貨の獲得を目指していく。今正に必要としているところに焦点を当て政治と経済が強い関連性のもと高次で働いていく。そこに当委員会はチャレンジしていきます。そこに我々は大きな夢を描きます。

 人口減少・市場縮小の波は日本列島を見ても南より北のほうが厳しい状況にあります。日本の政治自体も南向きではないかと錯覚するほどです。札幌市の人口199万人に対し、旭川市33万人。北海道で2番目に多い人口がありながら、一人当たり個人所得は第17位と甘んじているのが現状です。札幌一強では北海道は支えられません。打つべき楔はここ旭川です。旭川の発展こそが道北の発展。道北の発展こそが北海道の発展であると考えます。旭川にはまだ多くの可能性が残っています。今ある旭川の資源を有用にする為にも、新たな交流人口の増加を図る為にも、他国との繋がりを今一度考えてみることが必要です。その中には旭川発展の為の鍵が必ずあると思います。そしてその鍵は誰かに見つけてもらうのではなく、我々青年経済人が見つけ出さなければならないと考えます。

 また、本年は統一地方選挙の年です。経済人として政治に関心を持ち、関りを強化するためにも、個々の選挙に対する意識向上も当委員会の役割であると考えます。

 我々はそのような大きな責任と期待に応えるべく委員会活動を行います。選挙に対する知識の向上を図りながら、旭川青年会議所対内には気づきと大きな夢を。対外には青年経済人の活気と夢を。例会を通じ多くの政治家・経済人に働きかけます。我々の打つ楔が多くの人の心を打ったとき、その楔同士が繋がって大きな楔となり、それがまた人の心を打つ。それを信じて我々は委員会活動や例会構築を行ってまいります。

会員拡大について

 地区大会を控え、多くのメンバーが活動することにより、より多くの楔を打つチャンスがあると考えます。旭川経済の発展と地区大会にて多くの魂を揺さぶる為にも、当委員会は3人の新会員獲得を目指します。また、新会員候補者が前向きに検討していても、会社の理解、家族の理解がないと思うように活動できない現実を踏まえ、例会活動を通し旭川青年会議所の有用性・重要性を対外へ発信し、間接的に新会員が入会しやすい環境づくりを行います。

お問い合わせは

  • TEL 0166-22-9815(平日9時から17時まで)
  • TEL 0166-26-3235
  • メールフォームはこちら
一般社団法人旭川青年会議所
〒070-0043 旭川市常盤通1丁目
道北経済センタービル5階
  • 心あるまちづくり推進キャンペーン